チャーチモードの解説 使いこなせるようになるための明確な答え

チャーチモードを使って作曲しようとした時、予想以上に難しくいい曲が作れなかった、、、もしくは挫折してしまった、、、言う経験はありませんか?

チャーチモードを使ってカッコよい曲はあるのに、全然それっぽくならないこともしばしばです。

実は、スケールの理論は理解しているのに使いこなせていない人がほとんどなんです。

今回は、そんなチャーチモードに関する疑問を全て解決して、使いこなせるためのヒントをまとめていきたいと思います。

チャーチモード(スケール)とは?

ここを読む人は、ほとんどがチャーチモードの理論的なことを理解できていると思うので、ここはざっくりと流して説明しておきます。

スケールとは、1オクターブ内での音の並びの順序のことで、その並び方でとてもたくさんの音の表情が表れてきます。

それが1オクターブ上がっても下がっても変わることはありません。

その法則にしたがってできた、7~8つのチャーチモード(スケール)があります。

実は、ざっと1000年以上前にできたものなんです。

チャーチモードを使うと、どんなメリットがあるの?

作曲の幅が、大幅に広がる

チャーチモードを勉強すると、どんなメリットがあるの?というのは、あまりにたくさんの人が疑問に思っていると思います。

勉強したところで、、、使いこなせなかったので何も変わらなかった、、、という人がほとんどなんです。

でももし、チャーチモードを使いこなせるようになれば、一気に作曲の幅が広がります。

メジャーやマイナーだけでは絶対出せないエスニック感や、日本人が大好きなもの悲しい印象の楽曲とか、自由自在に出すことができます。

また、メジャーやマイナー楽曲の一部にモードの雰囲気を入れるだけでも、楽曲の幅が広がります。

使いいこなせば、あなたの作曲能力を2倍にも3倍にも高めてくれることは間違いありません。

チャーチモードを使った名曲

では、チャーチモード(スケール)を使った楽曲の紹介をしておきますね。

どれも、ちょっと味わいのある、ぐっと心にささる楽曲ばかりです。

ドリアンスケール

  • サイモン&ガーファンクル 「スカボロー・フェア」
  • 「進め!電波少年」のテーマ
  • イングランド民謡「グリーンスリーブス」
  • サティ作曲「ジムノペディ」

ミクソリディアンスケール

  • ビートルズ「ノルウェーの森」

チャーチモードを使って作曲できるようにするには?

ではこのチャーチモードですが、実際に使ったことはありますか?

私のクラスでアンケートを取ったところ、一度チャーチモードを使おうとして、うまく使えず挫折したことがある人は、なんと80%近くもいました。

ほとんど失敗しているんですね。

では、なぜ使いにくいのかを解明した上で、使えるようになる方法を探っていきたいと思います。

なぜチャーチモードは使いづらいの?

先程話したように、チャーチモードは1000年前にできたもので7~8種類あります。

そして、1000年以上の時間をかけて、音楽理論や機能和声は急激な進化を遂げました。

音楽が発達していく中、その機能和声を活かすことができるスケールは、いくつかに限られていました。

となると、、、やはりその機能和声が使えるスケールは使用頻度が高くなりますよね。

それが、アイオニアン(メジャー)とイオニアン(マイナー)なんです。

なのでそれ以外の5つほどあったスケールは、淘汰され次第に使われなくなっていきました。

言葉の世界で言うと、現代で使うと違和感のある”古語”のような位置づけになって言ったわけです。

人間は生まれながらにして音感がないので、生まれてから聴いた音楽に強い影響を受ける性質があります。

なので現代人は、生き残ったイオニアン、アイオニアンしか、ほとんど耳にすることがなく育っていくことになります。

イオニアン、アイオニアンだけが自分の血となり肉となっていったのです。

なので、ドリアンやリディアンは、自分の血に入っていない「なじまない」音楽なんです。

つまり、、、使いこなせないのです。

フランス語を知らない人が、フランス語で歌詞を書けないのと全く同じことですね。

チャーチモードを使いこなす方法

数年前、まだ一度も作曲をしたことがない人たちに、ゼロから作曲を教えたことがありました。

そのクラスは、約20人ほどが受講していました。

まず、その人たちに、「ドレミファソラシド」の白鍵のみを使って作曲をしてみよう!という授業をしました。

いわゆる「Cメジャースケール」ですね。

ですが、、、ある19歳の女の子の作った音楽だけ、ちょっとおかしいんです。

すごい切ないと言うか、エスニックと言うか、、、

完全にマイナー調なんです。

この話を聞くと、あぁ、「ラシドレミファソラ」の「Aマイナー」で作っちゃったんだね、と思うかもしれません。

ですが、Aマイナーではありません。

なんと、、、

「レミファソラシドレ」

で音楽を作っていたんです。

つまり、「Dドリアン」です。

なんと、はじめて作曲をする人が、「Dドリアン」で音楽を作ってしまったんです。

かれこれ15年ほど講師をしていますが、こんなこと初めてでした。

あまりに気になったので、その子の生い立ちや、普段どんな音楽を聴いているのかを詳しく聞くと、「ファイナルファンタジー」の音楽が大好きで、サントラを買ってそればっかり聴いていたそうでした。

たしかに、FFシリーズはドリアンはたくさん使われています。

つまり、ドリアンが体の中にしみこんでいたんです。

逆にその子は、「ドリアンモード」は使いこなせても、「メジャースケール」「マイナースケール」はうまく使いこなせませんでした。

メジャーとマイナーが主流の現代において、ドリアンの音楽が一番聴くことができるという得意な環境で育った特殊な音感の持ち主ということになりますね。

語学で言えば、日本に住んでいながら、テレビで「フランス語講座」ばかり見ていて、フランス語の方が先に話せるようになってしまった、、、というような状況かもしれませんね。

ここで、1つ長年の疑問が確信したことがあります。

人間には、生まれ持った音感が全くないので、生まれた後に聴いた音楽しか作曲に影響を与えないという説は、ほぼ確定させることができました。

この世に生まれた後、ドリアンを中心に聞けばドリアンを使った作曲をするようになりますし、メジャーやマイナーを聴いていればそれを使った作曲をするようになります。

なので、機能和声ではまらなかった、イオニアンやアイオニアン以外のスケールは、徐々に廃れていったということになるのです。

これで、イオニアン、アイオニアン以外のスケールを使いこなすのはとても難しい理由が分かったと思います。

では、ようやく本題です。

使いこなすためにはどのようにすればよいのでしょうか?

それは答えが1つしかありません。

もし、ドリアンを使いこなしたいなら、ドリアンの楽曲を聞き込んで、そしてコピーして、ドリアンを自分の頭叩き込むしかないんです。

フランス語で歌詞を書こうとすれば、夢で話している自分がフランス語で話しているくらい、フランス語を理解しないということなんです。

体の中に流れていないスケールは、使うことができないんです。

ドリアンを使う時は、頭の中をドリアンのスケールに完全に切り替えてください。

切り替われば、、、自然にそのスケールの良いところが見えてきます。

これが、チャーチモードを勉強する意味です。

使いこなすと、作曲家として有り余るほどの大きなメリットはありますが、使いこなすまでは少し時間がかかるということです。

まとめ

なぜ、チャーチモードを説明したサイトは多いのに、その具体的な使い方、なぜ使いこなしにくいのかを説明したサイトが無いのか、、、

これの理由が分かりました。

それは、書いている人がチャーチモードを使いこなせていないからです。

理論的には理解するのはとてもカンタンなチャーチモードは、使いこなすためには何年もかかるからなんですね。

なので、その書いている人もチャーチモードの価値がほとんど分かっていないんです。

作曲家にとっては、人生を左右するほど大事な技術なのにです。

専門学校でも、チャーチモードを教える授業はありますが、それを使いこなすための授業はありません。

なぜなら、プロでもチャーチモードを使いこなすのは難しいのに、専門学校の音楽理論の講師がチャーチモードを使いこなせるなんてありえませんからね。

プロでも投げれない160キロの球を、音楽理論の講師やサイト作成者に求めてはいけないということなんです。

もしこの記事は、あなたがチャーチモードを使いこなすヒントになれれば幸いです。