劇伴を制作するにあたって ~劇伴の作り方

劇伴とかいて、皆さんは何と読みますか?

「げきはん」とか「げきばん」とか統一されていないと思います。

正式な答えはないようですが、一般的には「げきばん」が正解だとされています。

なのでここでの文章も「げきばん」と読んでくださいね。

劇伴の役割とは?

劇伴とは何でしょうか?

おそらく皆さんも想像しているとおり、映画やドラマなどの劇中にでてくる音楽のことです。

では、その劇伴をつくるとはどういうことになるでしょうか?

劇伴を作曲するのですが、作曲をすることがメインではありません。

作曲という手法を使って、よりよい映像作品になるように演出すること。

です。

劇伴をつくるということは、作曲以前に演出を考えるということなんですね。

そのシーンがどういった意味があるのか、その意味をどうやったら作曲という手法を使ってよりよい作品にすることができるのかと考えるということです。

作曲で目立ちたい!と考えることも悪くはないのですが、まずは作品を活かすように作曲で目立ってくださいね!

音楽だけが目立った作品は全然映像作品としては面白くないです。

かといって、自分を押し殺して映像作品のためだけにつくった音楽はもっとつまらないです。

ちょうどいい匙加減ですね笑

劇伴でどんな演出ができるか

劇伴で演出できることは、おおまかに考えると2つになります。

・シーンを強調する
・シーンを補足する

それぞれについて詳しく説明して行きますね。

シーンを強調する

コレはわかりやすいと思います。

たとでは、エンディングの感動的なシーンで感動的な曲をつくることですね。悲しい時には悲しい曲で、主人公の気持ちやシーンをより印象付けることです。

シーンを強調するということは、ダイレクトに観客の心に入ってくるので名曲や印象に残る曲が生まれやすいです。

シーンを補足する

こちらが少し難しい演出になります。

例えば、主人公が笑ってはいるけれども、実はその主人公は裏で悪事を考えているので、心の奥底では笑っていないというシーンがあったとします。

ここでは主人公の笑顔にあわせて楽しい曲をつくってはいけませんね。映像だけではわからない「本当は裏の顔がある」と観客にしてあげなくてはなりません。

また別の例です。

舞台設定が中世ヨーロッパの映画があったとしましょう。使う楽器は当時のヨーロッパで使われていたハーディーがーディーやリュートなどを使うことによって、その世界にある文化や生活のイメージを音によって表現するわけですね。

また、沖縄だったら沖縄音階をつかったり、三線を使ったりして沖縄らしさを補足してあげる訳です。

ですが、もし映像が沖縄さが満載であったら、補足ではなくて「強調」と捉えても良いかもしれませんね。

このように映像を演出することによって、観客の心を揺り動かし、映像作品と観客をつなぐ感情の架け橋となりうるわけです。

観客により映像作品のすばらしさを伝えることができるのですね。

劇版にはどんな技術があるのか?

劇版には、その長い歴史の中で生まれたたくさんの技術があります。

2つの著名な演出方法があるので、紹介して行きますね。

ライトモチーフ

ライトモチーフとは、「ある登場人物に特定の旋律や音を与えて、物語の展開や特別な意味あいを暗示する」方法です。

ちょっと難しいですね。

わかりやすく言うと、ある登場人物が出てきた時に、必ず同じメロディの曲が鳴るということです。

最も有名なのは、スターウォーズでダースベイダーが登場したらあの有名な「ダーーダーーダーーダーダダーーーン」と鳴るあの曲ですね。

きっと皆さんの頭の中にも同じ曲が流れたはずです。

このようにある登場人物とあるメロディーをセットにしてその人物のキャラを音で印象付ける手法です。

この他に有名なのはたくさんあります。

下のキーワードを見ると、頭の中で全員同じ曲が流れたはずです。

・ジョーズが登場したシーン
・バイキンマンが悪巧みをしたり、アンパンマンを攻撃するシーン

このように、登場人物やシーンを強烈に演出する方法がライトモチーフといわれる手法です。

もちろん、曲だけではなくて効果音のようにもっと短かったり音色で演出されることもよくあります。

1871年、ドイツのフリートリヒ・ヴィルヘルム・イェーンスが最初にこの手法を使ったとされます。

ざっと150年ほど前ですね。音楽の歴史的にみると意外に若いテクニックだと思われます。

アンダースコア

アンダースコアとは、台詞を生かすための音楽です。

メロディやリズムがたった音楽を台詞と一緒に流すと台詞をものすごく邪魔してしまうので、本来の楽曲からメロディやリズムを抜いて楽曲を使ったところから来ています。

作曲家からしたらとても嫌な作業ですね笑

この経緯から、台詞を活かしながら場面の説明や補足をする楽曲をつくる手法が生まれ、今日では当然の技術になっています。

現代の劇伴といわれるものは多数この手法ですよね。

アンダースコアが誕生した歴史的な背景

アンダースコア誕生の歴史は映画発展の歴史と強くシンクロしています。

1900年の少し前ごろ、初めて映画というものができた時は音楽はもちろんのこと、音そのものがついていませんでした。いわゆるサイレント映画ですね。

男性の顔のアップが映り口がパクパク動いた後、黒画面で「あいしてる」と表示され、また女性の顔のアップが映りまた口がパクパク、そしてまた黒画面になって「わたしもよ」と表示されるあの形式の映画ですね。

もちろん映画にシンクロした音はありません。

この頃は映写機がうるさかったので、映画を見ながら気になってしまうと苦情が来たことから、この騒音をごまかすために映画にあわせて隣でピアノをアドリブで弾いて行くという手法がとられたのです。

なんとこれが、映画音楽の劇伴の最初なんですね。

これで多少映写機のうるささを軽減できたものの、映画をつくるがわからしたらシーンを深く理解することも無く音楽がついたのでは、映画監督はたまったものではありません。

なのでこの問題を解決するために、シーンに合わせてあらかじめつくった音楽を、映画配給会社が映画を渡す際に音楽の楽譜も一緒に渡すことになりました。

ようやくここで映画と音楽が一致するのですね。

そして、映画界に大きな発展が起こります。

映画に音声がつくようになりました。「トーキー映画」といわれるものですね。

この頃から映画のクオリティは上がり人気も出て、市民権を一気に得たようです。

当時つくられたミュージカル映画は軒並みヒットしたようですね。ミュージカル映画がたくさんつくられた背景は、やはり劇というとオペラというところから発展したのだと思います。

いわゆる台詞と音楽が同じタイプの映画ですね。

そして時代は進み、ミュージカル的なものより、現代風の演劇形式の映画がつくられて行きます。いわゆる台詞は歌うのではなくて、日常に話すような形式ですね。

そうなると大問題が起きます。

普通に台詞をしゃべっている時に、ミュージカルのようなメロディが立った音楽を流すと台詞をかなり邪魔してしまって物語が成立しなくなってしまいます。

かといって音楽はつけたい、、、

と悩んだ末に、音楽の完成トラックから台詞を邪魔するメインメロディを抜いて流したのです。

とすると、、、映画に合うわけです。

これでもまだ邪魔するようなら、リズムセクションも抜いてしまえ!!

とすると、、、さらに合うわけです。

というように音楽の目立つ部分をどんどん抜いていったら現代風の映画には合った訳ですね。

本来の音楽制作の現場ならありえないですが、まさに映画というもののために生まれた技術ですね。

この経緯から、台詞を邪魔しない作曲方法が生まれて行きます。

例えば、派手な戦闘シーンでも、戦闘が始まったところは壮大でブラス系で壮大なメロディの曲が流れるのですが、途中で会話シーンが出てくると突然メロディが無くなりストリングスセクションの白玉中心になって、会話が終わるとまたブラスが壮大に歌い上げていく、、、という演出は畳み掛けますよね。

これがまさに、アンダースコアという技術になります。

まとめ

このようなところが、劇伴の意味するところになります。

これを知ったうえで映画を見ると、また違った顔を見せてくれるのでより映画が楽しくなったりもしますよ。

ですが、この「強調」と「補足」する演出を広く考え、あえて違和感を出して次の演出により効果を与える布石にしている手法もあります。

となるとそのシーンに合わない音というところをしっかり感じることが出来れば、それがどの効果を生み出しているかをより理解することが出来ますよね。

最後に、劇伴の面白さを付け加えさせてください。

違和感があるところには必ず意図的な演出があります。

プロの音楽家や効果音制作をしている人は、映像に合うような音をつけることなんてたやすいことです。

その方々が「あえて合わない演出をしている」ときにその意味を考えるとより劇伴がたのしくなります。

その技法に気づくことさえ出来れば、その技法が自分の引き出しにも組み込まれますからね!

映像作品をもっと楽しむために、皆さんのたくさんの「気づき」にこのコラムがお役に立てることが出来れば幸いです。

本来は、映画のあるワンシーンに別の音楽つけたものをアップして説明したかったのですが、映像の大人の事情さえクリアできれば、記事のアップデートの際に補足説明しますね。

授業でするととてもわかりやすくて面白いので、楽しみにしててくださいね。

コメント

  1. 藤原 昇 フジワラ ノボル より:

    KBCTV 4/20 11:15 から「劇伴音楽の裏話」を拝見しました。84歳の私には未知の世界で、やっと週末のゆっくりタイムに入るところでさわやかな気分を頂き、感謝しています。