DTM・作曲に最適なパソコンスペックは? BTOなら全てが解決する

DTMや作曲のために、最も重要なのは、、、やっぱりパソコン本体ですよね。

ですが、おすすめのパソコンってどれが良いか全然わからないものです。

そんな皆さんのために、作曲のプロがおすすめする、作曲用パソコンの選び方・ポイントをまとめたいと思います。

作曲家になる前、パソコンの営業マンをしてきた私がおすすめするので自信を持っておすすめしますよ。

DTM用パソコン選びのスペックを分かりやすく解説
結局、BTOで選べば全て解決!

重視すべきスペックと、その必要なスペックとは?

では、DTM・作曲用パソコンで、重視すべきスペックと、どのくらいスペックが必要なのかをまとめたいと思います。

正直なところ、軽く作曲で遊びたいという人だったら、最近新品で購入できるパソコンなら大体のもので不具合なく使えるので、このページでは、ある程度ちゃんとDTM・作曲したいと思う人を対象としたいと思います。

具体的な数字をまとめていくので参考になれれば幸いです。

1位 CPU

CPUとは、人間で言うと”頭の回転の速さ”というところでしょうか。

1つの仕事をどれだけ早くこなせるか、複数の仕事でも難なくこなせるかという指標となるのが、この「CPU」というところになります。

おすすめは、コストが一番高いですが性能がよい「i7」です。

もし予算がない場合、最低でも「i5」にしておきましょう。

大きな規模の曲を作る時、パソコンの処理が追いつかなくなった(涙)、なんてことになると最悪ですからね><

CPUで比較する、快適作業

PC
性能
PCタイプ 作業の快適さ[体感]
快適 普通 厳しい
i7
クラス
デスクトップ 70% 25% 5%
ノート 56% 37% 7%
i5
クラス
デスクトップ 32% 47% 21%
ノート 22% 42% 36%
i3
クラス
デスクトップ 10% 45% 45%
ノート 3% 34% 63%
i3
以下
デスクトップ 2% 27% 70%
ノート 0% 10% 90%

この結果を見ると、快適に作業するなら、やはりCPUは「i7」を選んだほうが良いことが分かりますね。

最低でも「i5」はあれば、普通に作業はできるようです。

このあたりは予算に合わせて選んでくださいね!

また、ノートなら「i5」は快適さはないながらも使えなくはないといったところでしょうか。「i3」はちょっと厳しいかもしれませんね。

2位 メモリ

次に重視しないといけないところは、「メモリ」です。

最近のオーケストラ音源とかは、ハードディスクに1TBの容量が必要といったように、とんでもないデータ量です。

「メモリ」は、そのデータを音源として鳴らせるよう一時記憶するために使われます。

なので、メモリが足りないと”音すら出せない”という状況に陥ってしまいます。

音源の無いDAWなんて、何の意味もありませんよね笑

例えば、ドスパラのサイトなら下記のように書かれています。

「16GB」と書かれていますね!

このメモリですが、だいたいの機種で後で増設できるようになっています。

あなたが現在お使いのパソコンにもメモリを増設できる可能性はとても高いですよ。

メモリはどのくらい必要?

プロにおける現場では、最低でも16G以上詰んでおり、できれば32G以上はほしい、、、というのが現実です。

なので、本格的にDTM・作曲したい人は16G以上を目安とすれば良いと思います。

予算がどうしてもない場合、4~8Gでももちろん使えますが、もし途中で「ヤバっ!重い!メモリ足りない、、、」と感じたら後で増設すればOKです。

なので、後で増設できるかどうかは必ずチェックしておいてくださいね!

3位 ハードディスク(HD)

ハードディスクもとても大事です。

作曲用パソコンには、ハードディスクが2つ以上つけることがオススメです。

起動用のCドライブ以外に、音源用のドライブが必要になってくるからですね。(ドライブを起動用と音源用の2つ分けることをおすすめします)

2つのうち、最低1つはSSDを入れておきましょう!

パソコンの起動と処理がすごく早くなるので作業効率が上がりますよ。

現在は、高速のSSDがかなり大容量でも安くなってきています。容量も500GB以上はほしいところです。

もう1つもSSDのハードディスクがおすすめですが、安いSerial-ATAでもかまいません。

Serial-ATAの場合は最低1TB、予算があるなら2TB以上のものにしておくと後々便利です。

音源のデータって、ちょっといいオーケストラ音源なら100GBを軽く超えるものがたくさんあります。

容量は多いにこしたことはありませんね!

4位 パソコンの大きさ・拡張性

意外に盲点になっているのがパソコンの大きさです。

パソコンの大きさは、上記の画像のように、「タワー」「ミニタワー」「ミドルタワー」といった大きなものから、「スリム」「小型」といった小さなものまであります。

大きなパソコンのメリット

  • 拡張性が抜群に高い

大きなパソコンのメリット

  • 場所をとる

もし本気で作曲をしていこうとするなら、将来的にパソコンパワーを拡張させることができるミドルタワー以上が良いところですが、最低ハードディスクが2つ、メモリも16GBまで増設できるタイプならどれでもOKです。

もし、そこまで本気でやらないから、小さいパソコンの方が良いという型は、もちろん「省スペース」「スリム」型のパソコンでも、DTMをする分にはまったく問題はありません。

拡張性はどのくらいい必要?

少し古いオーディオインターフェースなら、「FireWire(IEEE1394)」接続のものもありました。

もしパソコンにこのインターフェースがないなら、PCIバスにFireWireの拡張スロットを増設する必要があります。

USBの人は、ここはスルーしてくださいね!

windowsとmacはどちらがいいの?

メリット・デメリットは?

winとmacどちらも使っている僕がおすすめするのは、、、紛れもなくwindowsです。

よく他のサイトでmacが良いと書いている人がいますが、「mac=クリエイティブ」という広告イメージによるだけです。

実際、windowsとmacは、どちらがDTM・作曲に向いているかといえば、、、実際に両方使ってみたところ、どちらも不自由なく使えます。

ですが、DTM以外の用途で言えば、windowsの圧勝です。

さらに、コスパでもwindowsの圧勝です。

音楽以外にパソコンで楽しみたいことがある人は、windows一択です。

windowsのメリット

  • BTOパソコンを選ぶことができる
  • 圧倒的なコストパフォーマンス
  • DTM以外にも便利なソフトがたくさん
  • 性能アップ・拡張がしやすい

windowsのデメリット

  • メーカーによって性能の差がある

macのメリット

  • Logic proが使える
  • Garagebandで買った日からDTM
  • デザインがスタイリッシュ

macのデメリット

  • 高い
  • 増設に支障アリ
  • winにしかないソフトが多数
  • 人気ゲームができない

実際、みんなはどっちを使ってるの?

では、実際に作曲・DTMをしている人はどちらを使っているのでしょうか。

趣味でしている人と、プロで活躍している人と比べてみましょう。

趣味でDTMをしている人は、どちらを使っていますか?

  • 55% windows
  • 45% mac

プロで作曲をしている人は、どちらを使っていますか?

  • 75% windows
  • 25% mac

意外にも趣味でDTMをしている人は、ややwindowsが多いくらいでした。

ですが、プロの作曲家で言えば今やほとんどがwindwosです。

僕が所属していた音楽制作会社は、30人の作家のうち、29人がwindowsでした。

プロの作曲家は、パソコンもプロ並みに扱える人が多いので、やはり当然windowsを選ぶと思います。

デスクトップとノートパソコンはどちらが良い?

DTM・作曲をするには、デスクトップとノートパソコンどちらでするか迷う人も多いと思います。

結論から言うと、どちらでも可能ですが、力を入れて作曲をしたい人は絶対にデスクトップをおすすめします。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分のあった方を選んでくださいね!

今後の使い勝手に多いに影響があるので慎重に選びましょう!

ノートパソコンのメリット

移動に便利

ノートの最大のメリットは、自宅と同じ環境をどこででも再現できるところでです。小型のオーディオインターフェースと持ち合わせれば、midi編集だけでなく、レコーディングも簡単に行うことができます。

思いついたときにすぐ編集

街中を歩いていたり、自転車に乗っていたり、車を運転している時、いろんなアイデアが湧き出すことがありませんか?

思い立ったときにすぐデータを開くことができるのが特徴です。

ちょっと普段と作る環境を変えてみると、思いもよらないアイデアが浮かんでくることもあるので、そうっ多面では大きなメリットです。

スペースが小さい

デスクトップは本体が大きいので、どうしても場所を取ってしまいます。

ノートパソコンは、本体が一体型になっているので、1人暮らしの小さな部屋でも使うことができます。

ノートパソコンのデメリット

マシンスペックが弱い

ノートパソコンは本体がとても小さいので、性能はデスクトップほど期待はできません。

コスパが高い

小さな本体にパーツを詰め込まないといけないため、放熱や構造が技術的に難しく、デスクトップとほぼ同じスペックなら値段は遥かに高価となります。

画面が狭い

デスクトップなら、1つのパソコンから2つ画面を使い、2倍の広さで使える”デュアルモニタ”にしている人も多いことでしょう。

ですが、ノートパソコンは基本的に1つの小さな画面だけです。(2つ目の画面ももちろん付けることができなくはないですが、、、)

本格的に制作するとなるとトラック数が多くなるため、ノートの画面では小さすぎて不便です。

ノートパソコンの活用法

あなたに最適なものを選びましょう

こういったことから、ノートパソコンはメリットデメリットはどちらも激しく存在します。

軽くDTMをやる程度ならノートでも問題ありませんが、本格的に楽曲を作りこみたい人はデスクトップの方が良いでしょう。

個人的おすすめなノート活用法

ここで個人的におすすめの方法で、実際に私がしている方法を紹介したいと思います。

まずは1つ、メインでデスクトップパソコンを持っていることが前提となります。

デスクトップで、思い描いたイメージを100%、音源やプラグインで作りこめるような環境ですね。

そして、ノートパソコンを持つと、デスクトップほど活躍はできませんが、ちょっとしたレコーディングや、外出先で空いた時間に作業したりするととても効率がよくなります。

特に、締め切りがキツキツになっている時、新幹線の中や移動先で作曲ができるのは本当に助かります!

コストがかなりかかりますが、、、これほど便利な環境はありません。

将来的な目標として考えておいてくださいね。

パソコンは、必ずBTOで購入しましょう。

BTOとは?

作曲用のパソコンって、「BTO」で購入することをオススメします。

BTOパソコンとは、自分がほしいスペックのパソコンを、カスタマイズして買うことができます。

あのパソコンがいいけど、CPUがちょっと足りない、、、という時は、CPUをもうワンランク上のスペックにして購入することができます。

逆に、あるパーツが必要以上にハイスペックすぎると、ワンランク下げてパソコンの費用を抑えることができます。

つまり、自分の希望通りのパソコンにすることができます、

しかも、NECや富士通のようなパソコンメーカーが販売しているパソコンって、便利ソフトといって一生使わないソフトが山のように最初からインストールされていて、無駄にコストもかかって、無駄にパソコンスペックを圧迫しています。

そういった無駄なものが入っていないところもポイントが高いですね!

僕は、今までパソコンを会社や仕事で20代ほど買いましたが、全てBTOで状況に合わせてカスタマイズして購入しています。

自分の除くスペックで、最も安上がりに仕上げることができるところもメリットですね。

オススメBTOパソコンメーカー

ドスパラ

こちらは良く使うBTOメーカーです。

過去3回購入しましたが、期待にこたえる活躍をしてくれています。

デスクトップからノートまで、どんなパソコンでもカスタマイズして購入できるので、コスパも性能も思い通りのものを購入することができます!

一番のおすすめです。




ツクモ

私がメインで使っているBTOパソコンメーカーです。

デスクトップからノートまで、どんなパソコンでもカスタマイズして購入できるので、コスパも性能も思い通りのものを購入することができます!

こちらもおすすめです。